テーマ:芸術

春日部市役所前、彫刻「大空」にユリカモメ

 仕事で春日部市役所へ。なかなかモダンな市庁舎前に、目をひく彫刻がありました。加藤豊作「大空」です。  加藤は、春日部に住んだことのある彫刻家だそうです。春日部市の鳥「ユリカモメ」をあしらったとのこと。春日部は市中を古利根川が流れていますが、東京湾から、この川をたどって来るのかもしれません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北浦和、閃(せん)のラーメン

 今日は午前・午後と北浦和の近代美術館でSMFの集まり。昼休みが30分ほどしかとれなかったので、美術館に近い「閃」でラーメンを食べました。 スープが濃い!これは人によっては、ちょっと引くかも。僕はOK。個性的でおいしいと思いました。細切トウガラシがのっているのもグッドです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植田正治写真展「写真とボク」

 埼玉県立近代美術館で、植田正治写真展「写真とボク」を見てきました。最終日、すべりこみセーフでした。(画像は、チラシから)  最終日ということもあり、ほとんどが白黒の写真200ほどの写真展に、多くのひとが見入っていました。ほのかな叙情が心地よかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SMF、音楽という表現の拡がりとともに

 SMFの今年度最後の事業、シンポジウム「音楽という表現の拡がりとともに」に参加してきました。写真で左から、美術評論の伊藤俊治氏、作曲家の古川聖氏、同じく作曲家の成田和子氏、音楽学の沼野雄氏です。 ミュージック・コンクレートの創始者ピエール・シェフェールの映画も上演され、音楽の表現のぎりぎりのところまでつっこんで議論が交わされまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彩の国芸術劇場、夕景

 今日は午後、与野本町の彩の国芸術劇場に、「藤井公追善公演、われは草なり」を見に行きました。写真は、公演が終って振り返った芸術劇場の夕景です。  藤井公は、2008年に没した舞踏作家。彼の娘にあたる藤井香氏とSMFでごいっしょしている関係で、今日の素晴らしい舞台を体験できました。小ホールで、観客と一体になった時空でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

調神社の様子

 今日、中山道を歩いていて、調神社の前を通りかかったら、着々と、初詣の準備が進んでいる様子でした。  十二日まちの時に新調された正面の木製スロープは、静かに、初詣の人々を待っている感じ。冬至の時期とは思えない、暖かい一日でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野、西洋美術館、コルビュジエのピロティーでコンサート

 午前中から上野の西洋美術館へデューラー展を見に行きました。細密な線の洪水に圧倒されました。遅い昼を、文化会館の2階でとり、その後また西洋美術館にもどって、常設展を見ました。見終わったら、ちょうど、コルビュジエのピロティーでコンサートが始まりました。  混声四部のアカペラで、クリスマスの季節の曲を中心に、一部はキーボードの伴奏も入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイエス展、神楽坂建築塾

 今日、浦和の街は十二日町で大賑わい。僕はそれを横目に、北浦和の近代美術館へ、最終日になったワイエス展です。あくまで食い入るように見ること。そして強靭なデッサン力。感動しました。  今日は昼食の時間もとれずに神楽坂へ。芝浦工大名誉教授の畑先生の講義でした。日本は、朝鮮や中国より東南アジア的であるというのは、興味深い指摘でした。家族…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SMF、井戸端会議

 SMFの事業も、今年の大詰めを向えています。今日は、午前中が運営委員会で、午後は、アート井戸端会議でした。写真は、その様子。  今回の井戸端会議の「お題」は、僕が、先日の横浜黄金町バザールのスライドを用意して、メンバーそれぞれからの議論が展開できました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交差するまなざし/子どもの視線アートの視線

 午前中は北浦和の現場。昼食をとる時間もなく、川越市立博物館へ移動し、SMFの事業で、上記のシンポジウムに参加しました。写真は、建築家の草野律子さんが、あるってアートでの子どもたちとのコラボについて発表されているところです。  パネラーは、他にアーティストの間地紀伊以子氏、ムサ美教授の三澤一実氏で、川越立美術館の田中学芸員を司会に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「音の部屋」

 SMFの事業で、今日・明日の二日間、近代美術館の講堂で「音の部屋」というインスタレーションが行われました。三友周太・河村陽介両氏によるサウンドアートです。  糸電話の原理を視覚化しようという試みで、天井から床に向けて糸を張り、それに様々は震動を与えて、天井のパネルが音を出します。不思議な震動音に包まれて、不思議な空間が出来ていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イベント、目白押し

 過ごしやすいこの季節の週末は、イベントが目白押しです。今日は、地元の高砂小学校の「高砂まつり」に午前から参加。写真は、先生方による「ケヤキンズ」の合奏です。  最後のビンゴゲームは失礼して、北浦和の近代美術館へ。アートボランティアの交流会にSMFの運営委員として顔を出しました。  その後は、神楽坂に移動して、アユミギャラリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松本秋則「音のある風景」

 午前中は、SMFの運営委員会。午後は、美術家松本秋則さんが美術館2階の会議室に、昨日と今日の二日間だけのインスタレーションを見ました。  光を落とした会場に、人の腰のあたりに直径1.2メートルほどの竹のリングが、静かに回転しています。そのリングから細い糸で吊るされた木片や金属などが、床に置かれたボウルやグラスなどをランダムにたた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6回 ヒアシンスハウス夢まつり in 別所沼

 地元別所沼に、詩人で建築家だった立原道造が夢みた小さなスペースを、地域の芸術家たちが60年を経た現代に誕生させてから、6年が過ぎました。毎年この時期に、別所沼で文化の香り高い催しが行われてきました。  写真は午前中、美術家の堀部宏二・今井伸治のインスタレーションを、ヒアシンスハウス内部から撮ったものです。  午後は、別所沼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東武東上線高坂駅前通り

 友人の建築家O氏から、新しい住宅の竣工写真の撮影を依頼され、東松山市へ行きました。アクセスは、高坂駅から。駅前通りにの両側に、彫刻がたくさん並んでいました。  写真は、駅から西を撮っています。調べてみたら、高田博厚氏の作品が32体並んでいるとのことでした。氏は、明治33年石川県生まれの彫刻家・文筆家。車で通ってしまったので、よく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

須田剋太展、コスモスフェスティバル

 昨日、鴻巣市陸上競技場の次は、吹上公民館に須田剋太の展覧会を見に行きました。彼は、浦和にもゆかりの画家です。その後、ちょうど無料シャトルバスの便があったので、荒川土手まで足をのばしてコスモスフェスティバルに行ってみました。  800万本と書いてあったのですが、とにかく河川敷の広い範囲が、コスモスで埋まっていました。夕方で薄暗くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜、黄金町バザール

 秋は、芸術系のイベントが多いですね。今日、最終日だった横浜の「黄金町バザール」に行ってきました。観光地横浜のなかで、負のイメージを持っていた地域を、アートによってよみがえらせようという試みです。  写真は、建築家ユニット、ワークステーションによるリノベーション。様々なテーブルが場を形成させていました。  かなりきわどいもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SMFアートピクニック北本再発見

 SMFの事業が、連日続きます。今日は、午後、北本で、日本デザイン会議2010の催しに、SMFが加わってアートピクニックが行われました。  北本市内の幾つかのアートイベントをバスで巡り、最後に辿りついた森のコンサート会場の様子です。北本は、豊かな自然が残り、おもしろいイベントが立ち上がりつつあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SMF夜会@川口

 夕方から、SMFの催し「夜会」があって参加してきました。場所は、川口市立アートギャラリー・アトリアと鋳物工場を改修したKAWAGUCHI ART FACTORYの2会場を貸しきりバスでつないで行われました。  写真は、アトリアで、渡辺豊重さんの作品の展示された空間で、舞踏が行われているようすです。雨のなか、野外でもパフォーマンス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近代美術館でコンサート

 北浦和の近代美術館で、現在開催中の企画展「アンドリュー・ワイエス展」を記念したコンサート「Saitama taptapestry」が行われました。僕は、午前・午後とSMFの会議に出ていて、昼休みに上から覗いて撮りました。  場所は、地下一階の吹き抜け空間です。出演は、「あぴをんと」というタップダンスとアコーディオンとギターの三人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野隆個展会場

 午後、新所沢のギャラリー「花水木」に、上野隆さんの個展をたずねました。落ち着いた雰囲気の画廊空間をパノラマで撮りました。  写真で、左端が画家本人です。この1年で描かれた、力強い作品に圧倒されました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野隆、油彩・水彩、個展

 ムサ美校友会埼玉支部の大先輩、上野隆さんの個展が、昨日から始まっています。場所は、新所沢駅東口下車徒歩4分のギャラリー「花水木」。10月3日までです。画像は「白い花」。  上野さんは、我々のグループでは最長老に近い先輩です。最も画家らしい方の一人といっていかもしれません。僕も、週末には、伺う予定です。  「花水木」のページ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SMF@入間市立博物館三日目

 今日が入間の本番。午前中から準備を進め、午後一で、博物館に隣接する東野高校の見学会に参加しました。1985年にクリストファー・アレグザンダーの設計で建てられた、ユニークな学びやです。  続いて、ダンスユニット「転々」のパフォーマンスが、今回作った茶室方丈庵を中心に行われました。その後、方丈庵に接続されたVフレームの考案者、内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SMF@入間市立博物館二日目、そして楽風

 今日も朝から入間へ。茶室のVフレーム部分の組み立てに参加し、午後途中で抜けて浦和に戻り、ギャラリー「楽風」で、高山の家具作家宮原夫妻の個展を訪ねました。写真は、ギャラリーのパノラマ画像です。  彼等の家具と、一美さんのスケッチが、あの空間にとってもよくマッチして、「楽風」は、彼等の展示がいちばんいいのではと思ったりしました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SMF@入間市立博物館

 猛暑の昨日からすると、10度も気温が下がったかに感じる寒い雨の一日、入間市立博物館で、SMF事業の準備作業に参加しました。写真は、仮設の茶室を建てる工程で、天井を張っているところです。  彦根から大工さんを呼んで、博物館の中に、ほぼ四畳半の茶室を建てます。ドイツ人の大工修行中のかた二名も加わっての作業でした。  今回の事業の概…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彫刻家本田貴侶氏、与野大原の大欅を刻む

 与野駅前の旧中山道の交叉点に立っていた、樹齢350年を超える大欅。倒壊の恐れがあり、安全のために伐採されましたが、その根元部分を、彫刻家の本田貴侶先生が作品として再生させるべく公開制作をされており、その現場を訪ねました。  場所は与野駅東口の旧大原中跡地。現在はさいたま市文化財資料室の庭にテントを張り、屋外で制作されています。欅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詩人秋谷豊の自邸に、小野寺優元氏の彫刻

 北浦和を歩いていたら、名前だけは聞いたことがあった詩人、秋谷豊(あきやゆたか、1922-2008)の自邸に出会いました。街路に面した玄関脇に、ユニークな彫刻が。よく見ると、小野寺優元氏の名前がありました。  題名は「豆月神」。小野寺氏は、SMFに参加している、川越の彫刻家です。昨年、川越のアートマップを造る時の、街歩きや編集作業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムサ美埼玉「さいたま地区」小品展

 今日は午後、上記の展覧会の当番で、ギャラリーでの時間を過ごしました。ムサ美をきっかけに、初対面の方との対話を楽しんだ半日でした。  写真は、メインの展示室のパノラマです。入り口を入ったところの喫茶を兼ねた空間にも、作品が展開しています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SMFの一日

 9月最初の日曜日、北浦和の近代美術館で過ごしました。午前中はSMFの運営運営委員会。午後は、SMF関係のチラシなどの発送作業。その合間に、10月に川口で行われるダンスパフォーマンス「夜会」の公開リハーサルに参加しました。  一人のダンサーの動きをみんなで真似るというパフォーマンスがあり、僕も引きずりこまれて、ひと時、体を動かして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムサ美埼玉「さいたま地区」小品展、パーティー

 上記展覧会のオープニング・パーティーが、会場のギャラリー「風画」で行われました。出品者に加え、埼玉支部の支部長・事務局長、友人たちが集まり、音も加わって、楽しいひと時を過ごしました。  写真で、右側の開口部の先が、メインのギャラリーで、右端には僕の絵が二点写っています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more